上海どローカル生活日記

上海にて地元民に混ざりローカル節約生活を送るアラサーの日々の日記

イタリア旅行~ピサの斜塔からフィレンツェ~

イタリア3日目

 

朝から早速ピサの斜塔を見学!

 

f:id:ffshanghai:20170403130638j:image

 

f:id:ffshanghai:20170403130652j:image

本当に結構斜めってる!!興奮!!

みんな倒れ掛かってる斜塔を支えるポーズで記念撮影しているww

確かに撮りたくなるわ。

 

ピサについてはこちらのサイト様をご参照ください←説明めんどいだけw

ピサのドゥオモ広場|イタリア 文化遺産|世界遺産オンラインガイド

 

早速ピサの斜塔で写真撮影!

どうしたらこの斜め感がよく伝わるのか…いろんな角度で撮ってみたけど

そうこうしてたら自由時間が終わりそうだったので、断念。

写真も撮りたいけど、見学も大切ですからね。

 

ピサの斜塔は上まで階段で登ることができますが、体力ないのでチケットは買いませんでした。

その代わり、斜塔の横にあるピサ大聖堂と洗礼堂を見学。

 

ピサ大聖堂

 

f:id:ffshanghai:20170403130724j:image

教会ってあまり入ったことないけど、すごく厳かでシン、としてて

勝手ながら私の汚い心が洗われた気がしましたw

 

f:id:ffshanghai:20170403130741j:image

 

とにかく広くて、柱の1本1本、装飾の1つ1つがもう芸術。

美しすぎて少し泣きそうになりました。

 

えーと、説明によると、

この大聖堂はロマネスク建築の典型で、内部の円柱の多くはイスラム教徒から略奪したもので、内部装飾にはイスラム様式のアーチや、ビザンティン風のモザイク画など、東方文化の影響を見ることができます。

ふむふむ…

ようわからんwww

 

芸術に疎い人間には、とにかく細かくて美しいということしかわからんwww

もっと勉強してくるんだった!!

 

洗礼堂

 

f:id:ffshanghai:20170403130759j:image

 

大聖堂に続いて、隣にあるドーム型の洗礼堂へ。

これまた天井がはるか高く、美しい。

 

f:id:ffshanghai:20170403130815j:image

 

2階へも登れました。

 

f:id:ffshanghai:20170403130838j:image

 

定期的(1時間に2回)に中の人が歌ではないけど声を響かせて、洗礼堂の音響効果のすごさを見せてくれる。

それがまためっちゃ感動的。

 

ちなみにこの洗礼堂の説明は…

1153年から200年かけて建設された、白大理石の洗礼堂で、下層と上層で建築様式が異なります。上層は柱とアーチの連なりが高さを強調するゴシック様式、下層は大きな半円形のアーチが安定感を醸し出すロマネスク様式です。

へぇ~、そーなんだ…

確かに建物の下層と上層で違うのはわかる!

建設中の200年の間に建築様式の流行りも変わるってことかしら。

うん、なかなか面白い。

 

少しヨーロッパの建築に興味を持ったところで自由時間終了。

次の見学地、フィレンツェへ移動です!!

 

花の都フィレンツェ

 

ピサからバスで1時間半少し。

フィレンツェへやってきました!!

見学の前にまずはランチです。

 

f:id:ffshanghai:20170403130911j:image

 

ツアーできっとよく使うのでしょう。

日本人しかいないw

料理は可もなく不可もなく、普通においしかったです。

 

f:id:ffshanghai:20170403130923j:image

サラダ

 

f:id:ffshanghai:20170403130934j:image

ペンネ

 

f:id:ffshanghai:20170403130943j:image

ステーキ

 

お肉は昨日のパニーニのせいで歯が少し痛かったですがw

 

おなかも膨れてさっそくフィレンツェ観光です。

 

誰もが憧れる花の都!“フィレンツェ”の絶対外さない観光スポット10選 | RETRIP[リトリップ]

 

まずは一番有名なドゥオーモ、「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」です。

 

f:id:ffshanghai:20170403131033j:image

f:id:ffshanghai:20170403131114j:image

 

イタリア紹介の写真でよく見る!

本物だ!イタリアだ!!

大興奮。

 

中へ入ると、その圧倒的な広さ、天井の高さ、天井画の巨大さにただただびっくり。

正直なところ、先ほど見学したピサの大聖堂との違いはよく分かっていないのですがw

 

f:id:ffshanghai:20170403131100j:image

 

クーポラ(ドーム)の上に登れる!

けどやっぱり体力と時間が…ということでここでも断念w

年をとると階段って本当にきついっす。

 

大聖堂を見た後は、ヴェッキオ橋、シニョーリア広場を現地在住ガイドさんと一緒に回り、自由行動開始。

 

解散した場所がシニョーリア広場だったので、そこからすぐ近くにあるウフィツィ美術館へ。

ウフィツィ美術館の予約と攻略方法!これだけは見逃せない作品も紹介

 

少し並びましたがそんなに時間かからず、チケット購入しいざ内部見学!

この美術館にはボッティチェリの「春」や「ヴィーナス誕生」、レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」などなど有名な絵画がたくさん!

ただ、あまりにも美術館が広すぎて探すのに苦労しました。

美術の時間に習った作品が目の前にあるなんてすごいことです。

実際に自分の目で見に来れるなんて。

 

美術館をうろうろしすぎて疲れてきたので、早めの夕飯をとることにしました。

美術館を出て、集合予定場所のドゥオーモへ戻ってきました。

 

 

f:id:ffshanghai:20170403131141j:image

このレストランいいでしょ?

ドゥオーモ見ながらご飯食べれるの!

夕日がいい感じに差し込んで、こんなところで食べる食事は最高に決まってる。

 

フィレンツェ最高。

 

4日目はローマへ向かいます。

つづく