読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上海どローカル生活日記

上海にて地元民に混ざりローカル節約生活を送るアラサーの日々の日記

安徽省黄山の思い出~黄山登山1日目~

3日目~木坑竹海~の話はこちらから↓↓

 

ffshanghai.hatenablog.com

 

黄山登山へ出発

5月27日(4日目)

爆睡した次の日、とうとう黄山登山当日です。

まずはホテルで朝ごはん。

 

f:id:ffshanghai:20150808215015j:image

 

お粥、マントウ、肉まん、ゆでたまご、唐辛子やザーサイの漬物、そして豆乳!

素朴ながら、こういうご飯が一番おいしい!!

特に漬物!辛くてほんとにおいしい!持って帰りたかった~・・・。

 

朝ごはんで力を入れた我々は9時過ぎに黄山へ出発。

 

まずは昨日利用したバスターミナルまでタクシーで。

そこから黄山行きのバスに乗り1時間ちょっと。

とうとう黄山が姿を現しました!

 

f:id:ffshanghai:20150808215027j:image
 
ものすごい迫力!大きい!これが黄山!!
お天気もいいし、絶好の登山日和です。
 
黄山の麓のバスターミナルで下車し、そこからロープウェー乗り場までのバスに乗り換えます。
 
ロープウェー乗り場は2つ。
「雲谷寺ロープウェー駅」と「慈光閣ロープウェー駅」があります。
多くの観光客は「慈光閣」から登り、「雲谷寺」から下山するようです。
 
今回は我々も「慈光閣」から出発します。
バスターミナルから30分ほどで「慈光閣駅」に到着しました!
 
f:id:ffshanghai:20150808215039j:image
 
慈光閣駅。
平日だからか、人も少ないです。
入山チケット230元(約4600円)とロープウェーチケット片道80元(約1600円)を購入。
ホントに高い・・・(泣)
 
気を取り直してロープウェーで登山開始です!
(※ここから階段で登山を始めることもできますが、頂上へ行ってからも先が長いためロープウェーを利用しました)
 
f:id:ffshanghai:20150808215053j:image
 
出発地点の「慈光閣」
 
f:id:ffshanghai:20150808215107j:image
 
ロープウェー出発!
中国で初ロープウェー・・・ちょっと怖いw
スピードもあるしなかなかスリルありました。
 
f:id:ffshanghai:20150808215119j:image
 
もうすでに絶景。
 
 
 
 
 

いよいよ登山開始

 
f:id:ffshanghai:20150808215135j:image
 
10分ほどでロープウェー終着点、「玉屏楼」に到着です。
今回我々はこのコースで登山しました。
 
1日目 玉屏楼→迎客松→百歩雲梯→一線天→白雲賓館→光明頂
2日目 光明頂→飛来石→排雲亭→清涼台→猿子観海→白鵝嶺
 
きちんと写真撮ってなかったのであまり紹介出来なさそうですが・・・早速出発!!
 
f:id:ffshanghai:20150808215146j:image
 
景色最高!
 
黄山は基本的に道がすべて舗装されているのでとても歩きやすいです。普通のスニーカーでも大丈夫だと思う。
 
f:id:ffshanghai:20150808215157j:image
 
あまりの絶景にやたらと写真を撮りまくってしまいます。
 
まずは玉屏楼から歩いて10分ほどで、一つ目のポイント「迎客松」に到着。
黄山の松は有名ですが、中でもこの「迎客松」はとりわけ大人気で、かなりの観光客で賑わっていました。
「迎客松」の前で写真を撮るのに順番待ちが必要です。
 
 
 
少し並んで写真を撮ったのですが、いい写真が無かったので気になる方はこちらのサイト様からご覧ください↓↓

www.tripadvisor.jp

 
 
 
「迎客松」を後にした我々が次に向かったのは「百歩雲梯」というかなり急な階段です。
こんなの↓↓
f:id:ffshanghai:20150808215209j:image
 
人が多すぎて階段が見えません・・・
 
とりあえず急すぎる階段。そして手すりもない・・・めっちゃこわい。
下る人と上る人で渋滞が起こっていました。
焦りは禁物、ゆっくり確実に下っていきます。
 
f:id:ffshanghai:20150808215220j:image
 
下り終わって見上げた「百歩雲梯」
怖かった。
 
「百歩雲梯」を過ぎてしばらく歩くと、遠くにさらに恐ろしいものが見えてきました。
 なんかみんな崖登ってる・・・
 
f:id:ffshanghai:20150808215233j:image
 
遠くに見える階段を上る人たちの姿。
怖すぎ。
 
目の前にすると改めてその角度に驚かされます。
「一線天」と呼ばれる、人が1人通るのでいっぱいいっぱいの階段です。
 
f:id:ffshanghai:20150808215246j:image
f:id:ffshanghai:20150808215257j:image
 
果てしなく続く階段
 
意を決して上り始めましたが、1段の幅が狭くて靴が収まりきりません。
ゆっくり一段一段確実に上ります。
 
 
やっとのことで上りきり、振り返るとまた絶景。
 
f:id:ffshanghai:20150808215309j:image
 
落ちそうで落ちない絶妙な岩。
 
 
 
 
この階段を上りきるとすぐ、ご褒美のような景色が待っていました。
 
f:id:ffshanghai:20150808215333j:image
 
この絶景に癒されてしばし休憩。
 
遠くに宿泊予定の白雲賓館が見えます。
さらに一番奥のてっぺんに、白い球体が見えます。
ここが今日の最終目的地である「光明頂」です。夕日と朝日の絶好の鑑賞スポットです。
 
それにしても、目的地の果てしなさに絶望ww
 
しかし、ここから宿泊先の白雲賓館まではあまり辛い道はなかったので、ほっと一安心。
 
 
 
 
出発からおよそ3時間。
とうとう本日の宿、「白雲賓館」に到着しました!!!
 
f:id:ffshanghai:20150808215353j:image
 
よくまぁ、こんな山の上に立派なホテルを建てたものです。
 
f:id:ffshanghai:20150808215402j:image
 
部屋は山小屋風w
ベッドもトイレも清潔でなかなか快適でした。
 
荷物を置いて軽く食事を取りに行きます。
 
f:id:ffshanghai:20150808215410j:image
 
白雲賓館の目の前にある、レストランとテイクアウトできる軽食屋さん。
 
テイクアウトで涼皮とピリ辛おでんとマントウを購入。
 
f:id:ffshanghai:20150808215419j:image
 
大した量ではないですが、山の上なので料金も1つ20元(約400円)と高めです。
それでも疲れた身体にはおいしく感じるw
 
 
食事を済ませた我々は19時ごろの夕日の鑑賞時刻まで部屋で休むことに。
 
 
 
 
 
 

光明頂で夕陽鑑賞

 
17時に起きて「光明頂」へ出発します。
 
「光明頂」は白雲賓館の横の階段をひたすら15分ほど登れば到着です。
(この階段がかなりきつかった)
 
 
黄山で2番目に高い「光明頂」に到着です!
 
f:id:ffshanghai:20150808215439j:image
 
おじさんしばらくどいてくれなかった・・・
 
f:id:ffshanghai:20150808215449j:image
 
すでにたくさんの観光客が夕日を見るために場所取りをしていました。
19時の日の入りまでしばらく時間があったので、近くの売店でチャイナソーセージをかじりつつぶらぶら。
 
 
 
そして、だんだんと日が落ちてきました。
 
f:id:ffshanghai:20150808215500j:image
 
残念なことに雲が厚くて太陽が隠れてしまいました・・・
でも、これはこれでとてもきれいです。
 
 
気温もどんどん下がり、5月末とはいえ、ダウンを着ないとかなり厳しかったです。
 
 
雲に隠れた太陽を見てみんなしばらく粘っていましたが、1人2人・・・と諦めてホテルへ戻る人が続出。
彼氏も「早く帰りたい」と文句を言い始めたのですが、私は諦めませんでした!
 
 
すると!
 
 
 
f:id:ffshanghai:20150808215513j:image
 
ちょっと出たーっ!!
 
 
その瞬間周りからも歓声が。
粘って良かった。
 
 
そして太陽が完全に隠れ、黄山の夜が迫ります。
 
f:id:ffshanghai:20150808215530j:image
 
きれい。
 
満足した我々は寒さに震えながらそそくさとホテルへ帰還。
ホテル内のレストランで夕食を済ませ、翌日のご来光鑑賞のため早めに就寝。
疲れもあって即爆睡。
 
ご来光は朝5時。
果たしてきれいに見えるでしょうか・・・。
 
ガンガンつづく