読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上海どローカル生活日記

上海にて地元民に混ざりローカル節約生活を送るアラサーの日々の日記

安徽省黄山の思い出~屯渓老街と宏村~

 昨年の黄山旅行の思い出第3弾。

3日目はこちらから↓↓

 

ffshanghai.hatenablog.com

 

 

 

 そして3日目つづき。

 

屯渓老街を散策

ホテルで一休みしたのち、お昼ご飯を求めてぶらぶら散策です。

f:id:ffshanghai:20150728185150j:image

午前はまだお客さんも少なくて歩きやすいです。

お茶屋さん、漬物屋さん、黄山特産の硯などのお土産屋さんが軒を連ねます。

f:id:ffshanghai:20150728185231j:image

土産物屋さん

f:id:ffshanghai:20150725124916j:plain

硯屋さん

f:id:ffshanghai:20150728185244j:image

お茶屋さん

どの建物も昔のままの建物で、歴史を感じることができます。

f:id:ffshanghai:20150728185259j:image

ちょっと横の小道に入るとかなり雰囲気があります。

そこで見つけたワンタン屋さんで昼食です。

f:id:ffshanghai:20150728191157j:image

ワンタン屋でラーメンw

黄山名産のタケノコとお肉と高菜のラーメン(10元)です。

あっさりしていておいしかった~!

 

次に見つけたのは200年の歴史があるという薬局。

f:id:ffshanghai:20150728191208j:image

症状を相談すれば漢方薬を処方してくれます。

f:id:ffshanghai:20150728191219j:image

私は長年の悩みである「便秘」に聞く漢方薬を購入!

1週間分で90元(約1800円)でした。

f:id:ffshanghai:20150728191234j:image

1日分ずつ包んでくれます。

1包で3回飲めるので、朝昼晩とお湯を継ぎ足せばよいとのこと。

上海に戻ってから早速飲んでみましたが、比較的飲みやすくて確かに効果もありましたよ!

 

屯渓老街を散策したのち、我々は世界遺産の「宏村」へ。

 

世界遺産「宏村」

「宏村」は2000年に世界遺産に登録された明、清代の建築物が数多く残る村落で、西遞とともに有名な安徽省の観光地です。

詳しくはこちらのサイト様をご参考ください。

allabout.co.jp

屯渓老街から「宏村」までは、

まずタクシーで約10分(約8元)のところにある「黄山長途汽車站」へ行きます。

そこで「宏村」行きの乗合バスチケットを購入(1人13元)※バスによっては乗車してから清算のものもあります。

 

出発時間まで待合所でしばし待ちます。

f:id:ffshanghai:20150728192301j:image

待合所には売店もあるので、飲み物やお菓子なら手に入ります。

出発時間になると放送があるので、ささっと乗り込みます。

ちなみに満員になるまで出発しませんw

f:id:ffshanghai:20150728192317j:image

 

約1時間半で「宏村」に到着です。

※「宏村」の前にもいくつか停留所があるので、間違えないように気を付けましょう。

f:id:ffshanghai:20150728192331j:image

「宏村」に到着!

入口でチケットを買います。(104元)

 

いつも思うけど、中国の観光地のチケットは高いです(泣)

気を取り直して、「宏村」散策です。

 

f:id:ffshanghai:20150728192343j:image

村の入り口に続く石橋。

f:id:ffshanghai:20150728192354j:image

村中に張り巡らされた水路は約400年前のもの。

 

f:id:ffshanghai:20150728192403j:image

「宏村」で一番有名な場所、村の中心にある『月塘』。

池に映る建物がとても素敵。

景色は最高ですが、この写真を撮ってる周辺ではたくさんの観光客でガヤガヤですw

まぁ、私もその一人ですが・・・

 

 

f:id:ffshanghai:20150728192414j:image

村の人の暮らしが垣間見えます。

 

f:id:ffshanghai:20150728192424j:image

村のどこでシャッターを切っても絵になります。

 

f:id:ffshanghai:20150728192434j:image

黄山名物「黄山焼餅」

 

f:id:ffshanghai:20150728192444j:image

豚さん・・・干されてます。

 

「宏村」の歴史を感じ、景色に癒され、次なる目的地へ移動します。

まだまだつづく。